紫外線に当たり過ぎると乾燥肌が起こる

乾燥肌は紫外線に当たり過ぎることでも起こる

様々な外のある強い紫外線です。

 

紫外線対策が進んできて、幼稚園や小学校の子まで日焼け止めクリーム
塗ってくるので、プールの時に困るなんて言う記事もありました。

 

そうしたらその後、あまりの紫外線対策で今度は日光不足の問題が出てきたと言います。

 

とかく難しいのが紫外線対策ですが、紫外線の当たり過ぎも乾燥肌になり、
シミやソバカスの原因になるので困ります。また、顔の皮膚が剥けて白く粉を
吹いたようになることもあります。

 

紫外線の当たり過ぎの肌はメイクもキレイに塗れませんが、紫外線を防ぐ対策を
するとともに、紫外線に当たり過ぎたらとにかく保湿を十分に行ってください。

 

外からのケアにはアイムピンチがオススメです。

 

そして、スキンケアをするときに、色々つけていればそれだけお肌に負担がかかります
から、お肌に負担をかけないようにオールインワンのコスメがおススメです。

 

アイムピンチはオールインワンコスメではありませんが、肌に優しい成分でできています。

 

紫外線で皮膚の表面の皮向けて白く粉を吹いたような状態を、皮脂欠乏症と
呼んでいますが、皮脂欠乏症のケアで一番大切なのは保湿です。

 

ワセリンや油分他、グリセリンなどが含まれた保湿剤を使用して潤いを補ってください。

 

また、日差し対策ですが、ウォーキングなどをするときに、日中の暑い日差しを避けて
朝などにすることが多いのですが、朝の陽ざしは斜めから当たりますから、帽子を被って
いても顔に日光が当たってしまいます。

 

正午に近くになると、頭の真上から当たるので顔に紫外線が当たりません。

 

正午ごろは日差しが強く暑いのでその辺が難しいのですが、乾燥肌を予防する
紫外線対策の面から考えればウォーキングなどは、夜の方がよさそうです。

関連ページ

冬の乾燥した空気が招く乾燥肌
冬は暖房によって乾燥するだけでなく、寒さは毛細血管の血行を悪くして、栄養や酸素の供給が不足し肌の新陳代謝が悪くなることで肌の衰えを早めます。
ホルモンのバランスの崩れが原因の乾燥肌
女性ホルモンのバランスが崩れると体に様々な変化を起こし、コラーゲン、水分、皮脂の減少といった乾燥の原因になるものもあります。外側からのケアにはアイムピンチがオススメです。
睡眠不足も要因となる乾燥肌について
睡眠不足になると、大事なターンオーバーを狂わせてしまい、結果として乾燥肌を招く要因となってしまいます。
乾燥肌の要因はバランスの悪い食事かも
食べ物が原因での乾燥肌を治すには、スキンケアでは限界があり、食生活の見直しが必要になります。食事の改善と共にアイムピンチでのケアをしましょう。
間違ったスキンケアは乾燥肌の原因になる
洗顔などのスキンケアの方法を間違えると、大事なバリア機能を損ねて乾燥肌を招いてしまいます。ニキビができた時のケアも重要です。