乾燥肌の要因には睡眠不足もある

睡眠不足が乾燥肌の要因となる

美容と健康には十分な睡眠が欠かせません。

 

ぐっすり眠れた後の体のスッキリ感と、肌もキレイになっているのは多くの
方が経験あるのではないでしょうか。

 

その睡眠が不足することでも乾燥肌になってしまいます。

 

肌は表皮の一番下で作られてから角質層に届き、そして剥がれ落ちるまで
におよそ4週間かかりますが、この繰り返しをターンオーバーと呼んでいます。

 

ターンオーバーは年を重ねるにしたがって遅くなりますが、40代を過ぎると若い
ころは4週間だったターンオーバーも6週間ほどかかるようになります。

 

このターンオーバーには成長ホルモンが欠かせませんが、成長ホルモンは夜寝ている
ときに生成され、成長ホルモンの働きで、肌の保湿に影響を与えるセラミドも生成
されるので、肌に潤いを与えみずみずしい肌になることが期待できます。

 

保湿効果抜群のアイムピンチを塗ってから寝れば、朝の肌がモチモチになるようです。

 

肌の潤いはターンオーバーが順調に機能してこそ得られます。

 

睡眠不足は、大事なターンオーバーを狂わせて乾燥肌を招いてしまいます。

 

眠っているときに成長ホルモンが分泌すると言われていますが、特に夜11時から、
深夜2時ごろに一番成長ホルモンが分泌されるとされ、この時間帯のことを
「お肌のゴールデンタイム」とも呼ばれています。

 

睡眠不足が、肌荒れやシミやシワ、ソバカスなどの肌トラブルを招く乾燥肌に
してしまいます。

 

たっぷり眠って気持ちの良い朝を迎え、そして潤いのあるみずみずしいキレイな
肌を保つためにも夜は10時ごろまでに寝ることをおススメします。

 

寝る前、入浴時などの洗顔の後にはアイムピンチでケアをしましょう。

関連ページ

冬の乾燥した空気が招く乾燥肌
冬は暖房によって乾燥するだけでなく、寒さは毛細血管の血行を悪くして、栄養や酸素の供給が不足し肌の新陳代謝が悪くなることで肌の衰えを早めます。
ホルモンのバランスの崩れが原因の乾燥肌
女性ホルモンのバランスが崩れると体に様々な変化を起こし、コラーゲン、水分、皮脂の減少といった乾燥の原因になるものもあります。外側からのケアにはアイムピンチがオススメです。
紫外線の当たり過ぎが原因の乾燥肌
紫外線の対策は難しいのですが、紫外線の当たり過ぎは乾燥肌の原因になり、シミやソバカスの原因になるので困ります。
乾燥肌の要因はバランスの悪い食事かも
食べ物が原因での乾燥肌を治すには、スキンケアでは限界があり、食生活の見直しが必要になります。食事の改善と共にアイムピンチでのケアをしましょう。
間違ったスキンケアは乾燥肌の原因になる
洗顔などのスキンケアの方法を間違えると、大事なバリア機能を損ねて乾燥肌を招いてしまいます。ニキビができた時のケアも重要です。